FC2ブログ

ただ今、ロードバイク準備中♪


今、お勧めのロードバイク車載台座!



最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


ブロとも一覧


地元釣り大会の回顧録、予選は奇跡の通過でした?!

今日は、先日8月19日に参加した地元釣具屋主催の釣り大会(小国川一ノ関)の模様を回顧しまーす。当日夜は飲み会で、ブログに書けなかったもんで・・・すいません。
(^_^;)

予選時間は7:00から11:00の4時間。始めに大会本部前の右岸に入ったが、ポツリポツリと7尾掛けるも後が続かない。周りを見てもあまり釣れてない様子。「この状況では予選通過は出来ない!でも、移動すれば満員の右岸にはもう戻れない!」。・・・迷ったあげく、2時間経過した所で移動を決意。
(◎-◎;)

次に入ったポイントは(偶然空いた)右岸下流。これが失敗だった。釣れない上に、オトリ鮎がコンクリートブロック部分に入りなかなか出てこない。そのうち、糸がコンクリートに擦れゴリゴリいいだした。「まずいな!」とオトリ鮎を手元に引き戻したところ、あのアクシデントが?!突然、水中糸が切れオトリ鮎が行方不明にっ!!「しまった!」、試合での「一尾失い」は非常に痛い。「うー★×☆×」、辛い気持ちを抑え、改めて移動する。

もう残り1時間。入ったポイントは瀬肩のチャラ瀬。チビ鮎を必死で拾うも針が合わずバラシの3連ちゃん。でも、必死で釣り続け予選終了の合図が!
(*^_^*)

検量で本部に向かうため、友人と護岸に上がり歩き始めた時に「奇跡」が起こりました。そう、アクシデントで失ったオトリ鮎がワタシの鮎タビにくっ付いていたのです。掛け針と背バリでガッチリフェルト底にくっ付いていました。なんと?!この1尾のお陰で、ボーダーラインギリギリで予選通過となりました。非常にラッキーだった訳です。でも良―く考えてみると、私が足で踏んづけて自分の糸を切ったわけです。なんか複雑な気持ち?なんにしても、無事予選通過という事になりました。この続きはまた後日。おやすみなさーい!
(^_^)/~

(*^。^*)/下のアイコンをポチッと押してね!
blogranking_banner2.gif


スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://okoze3.blog.fc2.com/tb.php/574-7ef30510

 | ホーム |